「薬剤師が仕事を辞めたい!」と思ったらやってみること

薬剤師の仕事を辞めたいと感じたらやってみてください

「薬剤師の仕事を辞めたい」そう感じている人は少なくありません。

 

薬剤師の仕事に価値を見いだせず、薬剤師の存在意義に疑問に抱き、
仕事を辞めたいと思いながら働いている人はたくさんいます。

 

このサイトに辿り着いたということは、
あなたも「薬剤師を辞めたい」と感じているのではないでしょうか?

 

薬剤師の国家資格を取得し、薬学部を卒業した時は、憧れの気持ちをもって、
全てが新鮮でワクワクしつつ緊張の面持ちで仕事に取り組み始めたはずです。

 

ところが、どうして薬剤師の仕事を辞めたいと感じるようになってしまったのでしょうか?

 

この気持ちをどうにかしたいけれど、どうしたらいいかわからず、
モヤモヤした状態が続いている人もたくさんいると思います。

 

ただ、何もせずに同じ毎日を過ごしていても、
「つまらない仕事」が急に楽しくなることはことはまずありません。

 

現状を変えるには、あなたの行動あるのみです。

 

それでは、具体的に「どうして薬剤師の仕事を辞めたいのか」
その原因と解決策を考えてみましょう!

 

 

 

 

 

 

薬剤師の仕事を辞めたい原因は?

 

仕事を辞めたいということを解決するためには、
まず原因がわからなければ解決策も見つかりません。

 

薬剤師を辞めたいと感じる理由は大きく次の3つです。

 

仕事が単調でマンネリ化してつまらない

薬剤師を辞めたいと感じる一番の理由は、
薬剤師の仕事である調剤業務が単調な仕事の繰り返しであり、
そこにやりがいを感じられないということがあります。

 

調剤薬局の業務は、「処方箋のチェック⇒調剤⇒服薬指導」
これを朝から仕事終りまで、延々と繰り返しています。

 

一日の仕事が終わっても、次の日も、またその次の日も調剤業務の繰り返しです。
ひらすら、「間違えずに」「少しでも早く」調剤、監査、投薬することを求められます。

 

何かを積み重ねて作り上げたり、
ひとつのプロジェクトを完成させるようなやりがいや達成感は一切ありません。

 

同じことをひたすらコツコツやり続けていく仕事です。
ある程度慣れてしまえば、単調な毎日にやりがいを感じられなくなるのは、
当然のことなのかもしれません。

 

 

薬剤師にはどうすることもできないことが多い!

薬剤師の仕事は医師の処方せんに基づいて調剤をすることなので、
薬剤師自ら処方を考えて患者さんの治療を行う訳ではありません。

 

そのため、患者さんの健康に貢献しているという実感が感じにくい仕事でもあります。
また、患者さんから「薬が効かないからどうにかしてほしい」と言われても、
薬剤師にはどうすることもできません。

 

人間というのは、「何か人の役に立ちたい」「他者から認められたい」「尊敬されたい」
という欲求を持っているものです。

 

患者さんからの要望や依頼にどうすることもできない無力感に、
「薬剤師の存在って何なんだろう?」とただただやりがいをなくしていくのかもしれません。

 

 

 

職場の人間関係が狭く閉鎖的

人間関係は、転職理由の上位に必ず上位にランクインしている重要な問題です。
「仕事を楽しく取り組めるかどうかは、
仕事の内容よりも人間関係や職場環境の方が大切」と感じている人もたくさんいるくらいです。

 

そういった点から考えてみると、調剤薬局は非常に特殊な職場環境です。
狭い調剤室の中で、数名の薬剤師が朝から晩までひたすら顔を合わせて調剤をしています。

 

気の合う同僚や先輩であれば、楽しく仕事ができるのかもしれませんが、
相性のよくない先輩や気に食わない同僚ももちろんいるでしょう。
そんな人たちと何時間も狭い職場でずっと仕事をすることを考えただけでも
息が詰まりそうでゾッとします…。

 

 

良好な人間関係にはある程度の距離感も必要

 

人間関係で嫌なことがあっても、少し距離を置いたり、時間が経てば、
気持ちが落ち着くこともあるのですが、
ずっと一緒にいると嫌な気持ちがさらに増幅してしまうのは誰しも経験したことがあると思います。

 

夫婦関係や恋人同士なども同じで、ずっと一緒にいると些細なことが目につき始めます。
そして、その苛立ちはエスカレートしていきます。

 

そんな人間関係のストレスも、薬剤師を辞めたいと感じてしまう要因の一つではないでしょうか。

 

 

 

自分の適性を理解できておらず、自分に合っていない仕事をしている

薬学部を卒業すると、ほとんどの人が調剤薬局や病院、
ドラッグストアなどの調剤業務の仕事に就職します。
厚生労働省のデータによると、薬剤師の約75%が調剤業務をしています。

 

これは、他の学部や職種ではあまりない状況です。
薬剤師の多くは、みんなが調剤薬局や病院などに就職するから、
なんとなく自分も調剤薬局に就職したという人が多いと思います。

 

 

薬学部は就職活動が少し特殊

 

もちろん、学生の時に自分の適性を理解し、
やりたいことを見つけることは簡単なことではありません。

 

しかし、他の学部であれば就職活動において
リクルートやマイナビなどの就職活動のサイトを利用し自己診断で自分に合う職種を調べたり、
色々な分野の会社の情報を集め自分の興味がある会社や業界を探していくものです。

 

薬剤師は薬剤師免許という資格があり有難いのですが、
その半面、就職先として調剤薬局や病院以外の選択肢を考えていない人が多いと思います。
就職活動をしないため、どのような会社や仕事があるかの情報収集を行っていません。

 

自分の興味のある仕事を考えることなく、またやってみたい仕事に出会うこともなく、
なんとなくの流れで調剤薬局に就職してしまうため、
仕事を始めてから自分のやりたいこととのズレを感じてしまうのではないでしょうか。

 

 

 

薬剤師を辞めたい場合の対処法

 

薬剤師としてフルタイムで働いている人は、
1日のうち睡眠時間以外のほとんどの時間を職場で仕事をしていると思います。
正社員で1日8時間働いていれば、
人生で起きている時間の半分は会社で仕事をしていることになります。

 

毎日、人生の3分の1の時間をを辞めたいと思いながら、
ただただ早く終わることだけを考えて過ごしているのは、とてももったいないことですよね。

 

人生、そして時間は有限です。

 

やりたい事がある場合

もし、今興味のある仕事ややってみたい事があるのであれば、
ぜひチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。
「仕事を辞めたい」と感じるのは、
現状から次のステージへと成長するためのサインなのかもしれません。

 

そんな時は、次のステップへ進むための準備をしておきましょう。
何も準備をせずにいきなり今の仕事を辞めてしまうのは、
安定した収入がなくなりリスクが大きくなります。

 

思うように転職先が決まらなかった場合、貯金が減ってくると精神的にも焦りが出てきて、
不本意な転職になる可能性が高くなります。

 

まずは、今の仕事を続けながら転職サイトを使って、次の準備を進めていきましょう!
目標ができると、今までの憂鬱な気分が嘘のように 日々の生活にもハリができるはずです。

 

 

 

やりたい事がわからない場合

今の仕事を辞めたいけれど、何をしたらいいかわからない人も多いと思います。
ただ、このまま同じ毎日を繰り返していても、
辞めたい仕事が楽しくなることはこの先ずっと絶対にありません。

 

この状態を変えることができるのは、「あなたが実際に行動を起こすこと」だけです。

 

人が現状を変えるための方法は、
「環境を変えること」「付き合う人を変えること」です。

 

この二つを実践するために、できることを考えた場合、
@今の職場とは違う集まりに参加するA転職する ということです。

 

 

今の職場とは違う集まりに参加する

職場以外の新しい環境や人間関係を作ることで、確実に視野や世界を広げることができます。
薬剤師の場合、職場で接するのも薬剤師が多いですし、大学時代の友達も同業者が多いです。

 

最も簡単なのが、習い事やサークルなどに参加することです。
様々な業種や職種の人とも出会えるため、
つまらない生活に刺激を与えてくれるきっかけになるはずです。

 

しかし、仕事上の今の職場の環境や人間関係はなくなりませんので、
完全に現状を変えることはできないという問題があります。

 

 

転職する

今の職場環境と人間関係を完全に断ち切り、
新しい環境を手に入れるための一番確実な方法は「転職」です。
特に、今の職種と違う仕事に転職する方が効果的です。

 

薬剤師は調剤薬局や病院での調剤業務以外にも色々な仕事があります。
資格食の中でも選べる仕事の選択肢が多い恵まれた環境ですので、
ぜひそのメリットを十分に活かして新しい環境に飛び込んでみるものおすすめです。

 

また、同じ調剤薬局でも働く店舗や一緒に働く人が変われば、
仕事の楽しさも全然変わってきます。
今、大手チェーンで働いているのであれば中小企業の会社で働いてみる、
今個人のお店で働いているのであれば大手チェーンで働いてみるなどもおすすめです。

 

転職の場合に気をつけなければいけないことは、転職先の選び方です。
転職したものの、新しい環境が合わずに失敗してしまっては、ま
た辞めたいと悩まなくてはいけません。

 

転職後の後悔をできる限りなくすためにも、
転職サイトを利用して事前の情報収集はしっかり行っておきましょう。

 

まずは、今とは違う環境で薬剤師として働いてみることが、
つらい現状を突破する大きな一歩になるに違いありません。

 

 

続いては、今紹介した2つの方法の問題点を最大限なくすことができる
おすすめの方法を紹介します。

 

 

 

仕事を辞めたい薬剤師がリスクなくできるお悩み解決方法

 

「環境を変えること」「付き合う人を変えること」のためにできることとして、
次の2つの方法を紹介しました。
@今の職場とは違う集まりに参加する、A転職する

 

この2つのメリットをいいとこ取りし、
デメリットをなくす方法が「副業を始める」ということです。

 

例えば、今の職場とは違う調剤薬局やドラッグストアで
夜の数時間または休日に働いてみるというものです。
調剤薬局であっても会社が変われば、
仕事のやり方や働いている人の背景も全然違います。

 

 

ドラッグストアで副業すれば、仕事内容も大きく変わると同時に
OTCも学べスキルアップもできます。
また、薬剤師以外のスタッフが多いですし、
化粧品部門や日用品、生活雑貨の会社の営業担当者など幅広いジャンルの人との出会いがあります。

 

このメリットは、「環境を変えること」「付き合う人を変えること」が一度にできることに加え、
「薬剤師として新たなスキルが身につく」「お小遣い稼ぎ、収入アップができる」
「転職ほどのリスクがない」といった点からもおすすめです。

 

もし、副業先の職場環境や人間関係が気に入れば、そのまま転職先とすることもできるため、
転職先選びの下調べにもなり一石何鳥ものメリットがあります。

 

薬剤師であれば副業先はいくらでも見つかりますしリスクも少ないので、
少しの時間でも薬剤師として他の場所で働いてみてはどうでしょうか。
きっと何か気付きや得るものがきっとあるはずです。

 

小さな一歩が、将来を大きく変えてくれるかもしれません。

 

 

 

現状を変える!まず一歩踏み出すために−薬剤師が副業先を探す方法−

 

薬剤師が副業先を探す場合は、転職サイトに登録することをおすすめします。

 

転職サイトのコンサルタントは、多くの薬剤師の転職や副業の相談にのっていますので、
薬剤師の副業事例やおすすめの副業先のアドバイスをもらうことができます。

 

 

今の職場で副業ができるかどうかなど、副業をするにあたり気になることも色々あると思います。
そういったことも、薬剤師市場のプロであるコンサルタントに聞いてみるのが確実です。

 

 

その際の転職サイト選びには、十分注意するようにしてください!

 

薬剤師転職サイトはたくさんありますが、どれも同じではありません。
優良求人を紹介してもらうには、求人数の多い転職サイトの利用をおすすめします。

 

 

私が転職サイトを利用して感じたことは、
求人数が多い転職サイトの方がいろいろな求人を紹介してもらえるので、
希望に合う求人が見つかるのが可能性が高くなるということです。

 

 

最初は、「クリニックの門前でゆっくり働きたい」と思い転職活動を始めても、
コンサルタントさんと相談しているうちに、
「OTCと調剤の両方勉強できるドラッグストアもいいかも…」と希望が変わるのはよくあることです。

 

そういった場合に、求人数が少なく取り扱っている職種が限られていると、
選択肢が狭くなってしまいます。
希望職種の変更に合わせて様々なケースに対応できるのは、求人数の多い転職サイトなのです。

 

 

私のわがままなお願いにも、真摯に対応してくださったおすすめの転職サイトを紹介しているので、
ぜひ参考にしてみてください!

 

 

ファルマスタッフ

 

 

・薬剤師転職サイトの中で求人数が断トツの多さ
・直接会ってヒアリングしてくれるので、希望に合った求人を紹介
・コンサルタントの熱心なサポートが好評!
・登録者には「保険調剤テキスト」がもらえる!
・求人先をすべて訪問しているので、内部のリアルな情報が非常に豊富!
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!
・派遣求人は業界トップクラスで高額求人が多い!

 

⇒「ファルマスタッフ」への登録はコチラ