新人薬剤師が辞めたいと思ったら辞めてもいいケースは?

新人薬剤師の「辞めたい」は当たり前のこと?

新人薬剤師の人の中には「薬剤師を辞めたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。
新人薬剤師の半分以上が辞めたいと考えたことがあるというアンケート結果もあるほどです。

 

どんな仕事でも新人の頃は職場にも慣れておらず
覚えなければいけない仕事もたくさんあり、大変なものです。

 

特に薬剤師は仕事をする上で経験がモノをいう仕事であり、新人が一番大変な時期でもあります。
また、患者さんの命に直結する医薬品を扱う仕事であり、
ミスが許されないプレッシャーに押しつぶされそうになる人も少なくありません。

 

6年間勉強して薬剤師になったのに、現場に出て何もできない自分に自信をなくしたり、
勉強しなければいけないと感じるけど日々の仕事をこなすだけで精いっぱい、
仕事でミスをして先輩に怒られる…。

 

そんな悪循環に陥り、「自分は薬剤師に向いていないのでは」と考える人が多いのです。
薬剤師は真面目な人が多いので、特にそういった傾向があるのかもしれません。

 

 

新人薬剤師が辞めたい理由

 

仕事ができない

経験がモノをいう薬剤師の仕事では、新人の頃が一番つらいと言っても間違いではないと思います。

 

職場で採用されている薬が1000種類くらいとしたら、採用薬を覚えるだけでも大変です。
先輩達がテキパキ働く中、自分の仕事のできなさに落ち込んでしまう人も少なくありません。

 

忙しい職場では先輩や上司もピリピリムードでわからないこともなかなか聞けない…
聞かずにやってミスをして怒られる。
そんな悪循環の中で、もうどうしたらいいのかわからなくなってしまうこともあります。

 

 

ミスをしてしまった

「調剤ミスをしてしまった」「服薬指導で患者さんを怒らせてクレームになってしまった」など
業務でのミスに悩みを抱える人も少なくありません。

 

特に調剤過誤は患者さんの健康に直結するため、ミスをしてしまったときのショックは相当なものです。

 

これは新人薬剤師だけに限りませんが、大きなミスをしてしまい
「薬剤師としてやっていけない…もう辞めよう」と思ってしまうのは当然のことかもしれません。

 

職場の人間関係が合わない

薬剤師以外の職場でも一番多い悩みは人間関係の悩みです。
上司や同僚との人間関係でストレスを感じたり、
いじめやパワハラなどで「辞めたい」と思う人も多いです。

 

特に薬剤師の職場は女性が多く派閥や複雑な人間関係になりやすいです。
また、調剤室という狭い空間で長時間仕事をしなければならず、逃げ場がありません。

 

調剤薬局や病院の場合、人の入れ替わりがほとんどないため、
一度こじれた人間関係を修復するのはかなり難しいです。
職場の人間関係に疲れて転職する人は非常に多いです。

 

残業が多い、忙しすぎる

ドラッグストアは残業が多く長時間労働、休みも少ない職場が少なくありません。
体力的に疲労が続くと、精神的にもストレスが溜まりうつ病につながることもあります。

 

病院の場合も夜勤の当直があったり、休みもシフト制で年間休日も少ないところが多いです。
しかも病院は給料が安いことがほとんどですし、これでは割が合わないと感じるのではないでしょうか。

 

また、病院は薬剤師の人数が少ないことが多く、
退職者が出るとさらに忙しくブラック化しますので要注意です。

 

教育体制が整っていない

中小の調剤薬局や病院に多いケースですが、教育体制や研修制度が整っておらず、
仕事をやりながら独学で学んでいくスタイルの職場が少なくありません。

 

しかも先輩たちも忙しくなると、聞いても「忙しいから後にして」と言われ
教えてもらえないような職場もあります。
そんな環境では、辞めたいと感じるのも当然の気持ちだと思います。

 

何かミスがあってからでは取り返しがつかないことになってしまいます。
医薬品を扱う薬剤師にとって、そんな不安な環境で仕事をすることはおすすめできません。

 

 

新人薬剤師が辞めたい場合の解決策は?

 

新人薬剤師が辞めたい理由は色々あります。
それらを見ていると「薬剤師を辞めたい」のではなく、
ほとんどのケースが「今働いている職場を辞めたい」という職場環境の問題ではないでしょうか。

 

新しい職場にいけば解決できることがほとんどなので、今の職場にしがみつく必要はありません。

 

とは言っても、新人薬剤師が転職するとなると色々な不安も出てくると思います。
「新人薬剤師が辞めても大丈夫?」
「三年は続けた方がいいのかな?」
「新人だけど転職先は見つかる?」

 

 

もちろん長く勤めるにこしたことはないですが、今の職場で働き続けることで体調を崩してしまったり、
精神的につらい状態が続くのであれば転職することをおすすめします。

 

薬剤師の仕事は、職場が変わっても仕事内容の本質は変わりません。

 

また、「転職先が見つかるか」という悩みについても、
薬剤師であれば今はまだ求人もたくさんありますので心配いりません。

 

 

新人薬剤師の転職の注意点

ただし、新人薬剤師の場合、転職での失敗は許されません。
またすぐに辞めるとなると、さすがに二回目は転職がしづらくなります。

 

なので、転職で失敗したくないですよね?

 

転職を成功させるためには、新しい職場が良い職場かどうかを見極める必要があるのですが、
経験が浅い新人薬剤師にはそれが難しいと思います。

 

そのため、必ず薬剤師転職サイトを利用することをおすすめします。

 

転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントがついてくれ、
転職活動を全面的にサポートしてくれます。

 

求人先の選びの相談、求人紹介、履歴書、職務経歴書の書き方のサポート、
面接対策、面接日の調整、面接同行(転職サイトによって)、
年収などの交渉、退職についてのアドバイスなど。

 

これらのサポートが全て無料で受けられます。

 

これらのサービスに加え、
転職サイトの何よりのメリットは求人先のリアルな情報を教えてもらえるといことです。

 

転職サイトのコンサルタントは、薬剤師の転職をたくさんサポートしていますので、
求人先の内部情報もたくさん把握しています。

 

事前に情報を聞いておけば、転職後に失敗したと感じるミスマッチを最大限減らすことができるのです。

 

 

転職が初めてでどの転職サイトに登録したらいいかわからないという
新人薬剤師さんにおすすめの転職サイトを紹介していますのでまずは登録しておきましょう。

 

できれば、複数の転職サイトに登録して、
幅広く求人を集めることでよりよい求人に出会える確率も高まります!

 

すべて完全無料なので、使わないのは本当にもったいないです!
転職サイトを活用して、ピッタリの転職先を見つけてくださいね!

 

ファルマスタッフ

 

 

・薬剤師転職サイトの中で求人数が断トツの多さ
・直接会ってヒアリングしてくれるので、希望に合った求人を紹介
・コンサルタントの熱心なサポートが好評!
・登録者には「保険調剤テキスト」がもらえる!
・求人先をすべて訪問しているので、内部のリアルな情報が非常に豊富!
・正社員、派遣、パートあらゆる働き方に対応!
・派遣求人は業界トップクラスで高額求人が多い!

 

⇒「ファルマスタッフ」への登録はコチラ